ニコニコ パチンコ 福井

ニコニコ パチンコ 福井

ナチュタルさん、一人で頑張ってくれてるんだ……僕が行くよ」 そう言うと大人しめの彼がアーミュの元へと向かった

少し話し込むと彼は肩揉みを始めた

「なあ、あんたにはプライドってもんがないのか?」 さっきの態度に不満があると言葉をぶつけるように尋ねる

「……私だってこんなことしたくないよ」「だったら――」「でも、誰も何もしなかったらあの人、何するかわからないから、怪我でもされたら大変だし

それに……」「……」「……何でもない」 リュッカは自分の中にある志を口にしたくはなかった

あなたも好きかも:パチンコ garo 月虹ノ旅人 ボーダー
 父の志、嫌な事を率先してやって誰かの役に立つ

だが、これをここで口にすれば、自分から誇りをズタズタにしてしまうような気がした

 そんな暗い気分で身体だけ休めていると、こちらに近づいてくる話し声が聞こえる

 どこか明るく、しかし媚びを売るような黄色い声が聞こえる

あなたも好きかも:まどマギ スロット ピーワールド
「さあ! こちらです! アルビオ様……!!」 アルビオを含めたパーティーがこの川辺にやってきた

 さっきまで辛辣な表情をしていたアーミュは激変

先程まで一切見せたことのない笑顔でアルビオの元へと一目散

「あら♩アルビオ様

ごきんげよう」 アルビオに素早く近づくとさっと空いている腕を掴み、胸を押し付ける

 その行動に遠慮がちな苦笑いで答える

「貴女もご一緒でしたの」「え、ええ……まあ、同じパーティーになったので……」 アルビオに黄色い声を浴びせていた彼女はアーミュの取り巻き

彼女は眉をひくつかせながらも機嫌を損ねぬように振る舞う

(くそっ……アーミュがいたんじゃマズイ)「ささ、あちらでお休みになりましょう?」 強引に引っ張るとこの場所では一番座り心地の良さそうな岩場に腰をかける