スロット セイントセイヤ スペシャル 有利区間ランプ

スロット セイントセイヤ スペシャル 有利区間ランプ

(今だ!!)ウィリアムが意識を遠のかせかけた瞬間を見計らい、ネアは首飾りの金庫から取り出した箒で虚空をささっと掃いた

ざあっと地面を走ったのは、高位の魔物でも一国の軍隊でも抗いきれないという、祝福による理の魔術の一つ

「戸外の箒…か………?」はっとした様に、こちらを見る目と視線が交差する

あなたも好きかも:パチンコ カフェスタッフ
「ふぁっ、?!」地面に膝を突いたまま、素早く伸ばされた手がネアの服を掴みかけ、ネアの息が止まりそうになったその瞬間のことだった

「悪いが、先約があってな」(…………え?)誰かに、ぐいっと体を後ろに引っ張られた

あなたも好きかも:アルペジオ2 スロット
そのままその犯人であろう誰かの腕の中に収まり、ネアは馴染みのある香りに目を瞬く

そんな一瞬の内にウィリアムの姿は搔き消えてしまい、驚いて視線を正面に戻したネアは、戸外の箒の威力に目を丸くしてから、また背後に顔を向けた

「……………むむ」そして、自分を背後から拘束した男を、目を眇めて凝視する

黒髪の男だった

あなたも好きかも:パチンコ フェアリーテイル セグ
金色に近いシャンパン色の瞳をしていて、癖のある黒髪を少しだけ掻き上げて片側だけオールバックにしており、妖艶なとでも表現したくなる美貌を際立たせている

しかし、黒い帽子に漆黒のスリーピース姿に白いステッキを見なくても、なぜだかネアにはこの男性が誰なのかわかった

ウィリアムもそうだが、擬態していても何となく分かるのだ

そして多分、それが自分の知っている方の魔物かどうかも

「…………どなたでしょうか?」「ほお、こっちに落とされて記憶も失くしたらしいな」「むむ

私と同じところから来た方だという気がしますが、パイ包みでも作ってもらわないことには本人確認が取れないのです」「何でだよ」「……………ほぇ、誰これ」「あ、ヨシュアさん

ご無事でしたか?」「……………おい、こいつは今、少しでも役に立ってたのか?」新規のお客様にそうじろりと睨まれて、ヨシュアは少しだけむっとしたのか目を細めた

「その人間は、僕が管理を任されているんだ

誰だか知らないけれど、離れ……ぎゃぁ!」容赦なくステッキで爪先をぐしゃっとやられ、ヨシュアは爪先を抱えて飛び跳ねている

しかし、痛がっている合間に、ふっとそのステッキに視線を戻して目を丸くした