ウエストゲート ラスベガス リゾート & カジノ

ウエストゲート ラスベガス リゾート & カジノ

「やったった!」飛び跳ねて、俺の左腕に抱きついてくる娘に「じゃ、ここからは自分の身は自分で守るんよ? 相手は人間の盗賊とか、 手加減してくれるライグァークとかやないからな?」「わかってるよー大丈夫だって」ナーニャはおざなりに何度も頷く

「たっくん、頼むで

うちらは海底回廊を 一通り見学したら帰るから」「ああ

大いなる翼でまた」タガグロは頷いて、子供たちとピクニックシートを畳みバスケットケースとフォルトゥナを持つと去って行った

「家族って感じだね」本田が目を細めて言う

「そうだよ!いい家族でしょ?」「確かにね

あなたも好きかも:シンフォギア スロット 天井期待値
俺もこれからは見学に徹することが できそうで助かる」「父親としてはナーニャも見学して 貰いたいんだけどな……」「なんで?私も闘うよ!」「ははは

とりあえず鈴中さんに行き先を聞かないと」俺が背負っている美射にナーニャが何度も呼び掛けると、薄目を開けて力なく前方を指さしたのでそちらへと向かうことにする

あなたも好きかも:ホテルリスボアマカオ カジノ
しかし、いくら何でも効き過ぎである

日ごろから俺の生活の盗み見を欠かさないこいつがこの程度でこうなるって、どんなメンタル構造なんだろうな

大半は鋼だが、部分的に豆腐なのか

……まあ、考えるだけ時間の無駄だな

と先を急ぐことになる

はしゃいで喋りまくるナーニャの相手はずっと本田がしてくれているので俺は美射を背負って歩いていくだけでいいので楽である

青白い石畳が延々と続く空間を歩いていくと不意に目の前に、七つの扉が現れた

「こりゃまた増やしたねぇ……」本田が、七色に塗り分けられた扉を見回す

美射に尋ねようとすると「ピンクがいい!多分ピンクがいいよ!」ナーニャが勝手に右から三番目の扉を開けて中へと入っていく

慌てて本田と追うと、様々な角度で造られた大量の階段が遥か頭上へと伸びている木造のフロアが眼前に広がった