バカラ プレゼント 男性

バカラ プレゼント 男性

あなたも好きかも:パチンコ アルバイト 勉強
そうなってしまうと、書いていて楽しくありません

 最初の設定はざっくりと、細かいところは外見なら「とくに特徴のある部分」だけを書き、性格なら「出来事にどう対処するか」で見せていけばよいのです

出来事に対処する過程を見せるのが小説 舞台設定が出来て、人物(キャラクター)設定も終わる

しかもざっくりとでかまいません

 でもそれだけで物語は生まれません

人物(キャラクター)設定で、性格は大まかな性向だけを規定しています

そのままでは読み手の共感は得られない

 読み手に主人公のことを好きになってもらい、同化してもらうためには「出来事(イベント)にどう対処するか」を見せることです

 対処の考え方や仕方を通じて、読み手は主人公や他の登場人物の内面や性格がわかるようになります

あなたも好きかも:本宮 パチンコ ウインズ
 頭の中で「この人はこういう場面でこういう対処をしようとする人なんだ」とイメージを膨らませる

あなたも好きかも:戦国 パチンコ花の慶次
だから読み手はその人物のことを「こういう場面になったらこうするんじゃないかな」と理解したつもりになるのです

 書き手が読み手に「こうなんだ」と押しつけるようにして書いた文章は、たいてい読んでいるうちに嫌気が差してきます

「想像の自由」のない小説では脳裡に具現化するという、小説を読む醍醐味が生まれないのです