デッドオアアライブ スロット 公約

デッドオアアライブ スロット 公約

お疲れ様、一斗」「おう、お疲れ! ティス」 ティスティは最近実践形式の戦闘では、素手ではなく、両手剣、片手剣、刀、斧、槍、弓矢などいろんな武器を使う

 それらの武器は、全部ナターシャが錬金した優れもので、軍団長クラスには支給されている

 支給される前の試しを、ナターシャがティスティに依頼したわけだが――「本当に何でも扱えちゃうんだな、ティスは」 それぞれの武器を見ただけで、その特性を見抜いて使い分けてしまう

 さらに、武器やパーティーによっては近接戦闘、援護射撃、後衛支援と立場を実用レベルで切り替えることもできる

「ううん、まだまだよ

槍捌きはレオナルドさんに劣るし、弓の扱いはケインの足元にも及ばないし」「それぞれの得意分野だからな

スキルで負けるなら――」「他で勝て

あなたも好きかも:パチスロ コクッチー
同じ舞台で戦うな――でしょ?」「そうだ」 ティスティには散々言ってきたことだが、言うのは易し

あなたも好きかも:パチンコ トーエー 神楽
されど、実践難し

あなたも好きかも:パチンコ屋 外国人 いない
「あの〜……お二人とも」「私たちの……存在、忘れて……ませんか?」 地べたから死にそうな声が聞こえた、ような気がした

 そっちを見てみると、ケインとシーナが地べたにうつ伏せでくたばっていた

「おぅ、お前ら

そんなに地べたが恋しいのか?」「そんなわけ……ないじゃないですか」 ケインはなんとか仰向けになり、息をゼイゼイさせている

「というか、何で1時間以上戦闘したのに……お二人は……平気なんですか?」 シーナはうつ伏せから両手を踏ん張って、かろうじて体を起こすことができたようだ

「理由を知りたいとさ、ティス?」 俺が答えるのは良いが、それじゃあ訓練の意味がないからな

「それはね、二人とも