スロット 北斗の拳 転生の章 設定判別

スロット 北斗の拳 転生の章 設定判別

これは私とエミーの認識の差と言える

当面は『キング・スチュワート級』をあと三隻

基本計画に沿って量産することとします」 マッコーがそう言って会議を締めた

キング・スチュワート級は国費で建造されるけど、ドレッドノート級は私がいきなり作って提案したもの

迷宮にストックしてあった素材を使っただけなので、国の財政に負担を掛けていない

竜骨(キール)や骨組みには球体殻の中にあった素材(チタン)があった方がよさげだけど、鉄関係などはまだまだ唸るほど在庫がある

あなたも好きかも:リング 呪いの7日間 スロット ゾーン
銀、ミスリル銀に関してはパープル北迷宮とブリスト南迷宮で絶賛採掘中、カディフ東迷宮でも採掘の準備中と、笑いが止まらないほど貯まっている

だから、作ろうと思えばド級換算で二十隻分くらいはある

 百隻とは言わず、十隻でも量産したら世界が滅びるかもしれないわね

【王国暦124年10月29日 16:25】 サリーから短文が来ていた

あなたも好きかも:スロットマシン 輸出
私がポートマットにいた時は王都にいたし、私が王都に戻った時にはポートマットにいたりして……すれ違いの師弟だったりする

「今度は日時を合わせましょう! かぁ」 サリーがロンデニオン西迷宮に来たかどうか、というのは、迷宮の敷地内にある林のリスがいないかどうか……でもわかるのよね