とある魔術の禁書目録 パチスロ

とある魔術の禁書目録 パチスロ

「じゃあ、あいつは

自警局の幹部」「あれは生徒会だから、俺の権限外だ

それに、気にする程の奴じゃない」「そうですけどね

今度は、あいつを退学させてやろうかな」 物騒な発言

あなたも好きかも:ドルフラングレン ブラックジャック
 冗談とは思うが、彼については分からない

 10個目の鶴を折る、その兄も含めて

「……何、これ」 オフィスの窓に掛かる、たくさんの鶴

 千羽ではないが、百羽はいる

「気持だよ、気持」「何の」「さあ、それは僕にも」 真顔でそう答える、鶴を折り続けた男の子

 その彼女は首を振り、彼の前に座った

あなたも好きかも:パチンコ マルハン 長沼
「あなたは、どうしてここにいるの」「緑を増やそうと思って」「赤と青を減らしなさい」「三原色じゃないよ」 二人では通じ合う会話

 一方のサトミは、かなり怖い顔だが

「いつから農学部に編入したの」「ずっと張りつめても仕方ないだろ」「ここの誰が、張りつめてるのよ」「なるほど」 おい

「ショウの家で育てる気?あそこの土壌は調べてあるの?」「ドジョウなんていたかな」「土だ、土」 すぐに訂正するケイ

 確かに、ドジョウを調べても仕方ない

 というか、何のどこを調べるつもりだったんだ

「どの作物にはリンを多く必要とするとか、カルシウムがいるとか