がれい パチンコ ラッキーパトモード

がれい パチンコ ラッキーパトモード

「基礎はできてる

技術も――術式も、かなり使える」「何度だ?」「十六回目から、なんとか」「そんなにかかるか……?」「うん」「そこまで適応力が低いとは思ってなかった

芽衣」「ははは、さすがだな、貴様らは

そして、これからそれを私が教えなくてはならん」「おい、美海」「なんだ?」「俺のことはエルでいい

あなたも好きかも:ミリオンアーサー パチンコ セグ
使う術式は〝同調(シンクロ)〟で、おそらく体術のレベルそのものも、芽衣に教わったお前よりは劣るだろう

差は何だ?」「……経験と、戦術」 小さく、つみれが笑った

「もっと根本的なものだよ、美海」「根本的?」「戦闘の中に在る〝恐怖〟を、お前は知らない

あなたも好きかも:生野 パチンコ バイト
死んでもいいと思えてるうちは、下働きと同じだ

それが死にたくないと思えるのなら、一歩前進できる」「エル、あんたはそうじゃないのか?」「そんなくだらない考えが浮かぶのなら、余裕があって何よりだと笑ってやるよ」「できるか、できないか

やるか、やらないか

私たちの場合は基本的に、やらなくちゃいけないって状況が常だったからね」「私はまだ、追い詰められてない――ってことか?」「ま、似たようなものかな」「芽衣、エスパーは誰を?」「夢見(ゆめみ)だ」「ああ……だったら、最終的に勝てただろう? だが、夢見は負けなかったはずだ」 まるで、見て来たかのように言い当てられて

「そうだ……」 美海としては、肯定せざるを得ない

あなたも好きかも:戸塚駅 パチンコ 駐車場
「理由は?」「……わからない

奥の手を隠し持っていた? 殺し合いじゃなかったから? 少なくとも、まだ余裕があったのは確かだ」「奥の手はないだろうねえ」「同感だな