スロット 攻殻機動隊 2

スロット 攻殻機動隊 2

魔術師めがけて襲い掛かった竹箒改は、魔術師が再び放った拡散型の光の魔術によってその形を崩していく

削り取られていく槍が、原形を失いつつある中、康太はそれを分解した

瞬間、竹箒の中に内包されていた鉄球が空中にばらまかれていく

あなたも好きかも:スロット 即やめ
相手は康太の鉄球に対して異常なまでの警戒心を抱いていた

あなたも好きかも:花月 パチンコ 歌詞
康太が取り出してくる鉄球が攻撃手段であるということをすでに理解しているからか、鉄球が自分の体の周囲にたどり着くよりも早く球体の障壁を複数枚展開し、鉄球がいかなる行動をしようと防ぎきれるだけの態勢を整えていた

周囲にちりばめられた鉄球が今まさに牙をむこうとする中、康太は仮面の下で笑みを浮かべていた

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 の 拳 アプリ
そして相手が鉄球へ意識を向けている中、康太は鉄球に込められた蓄積の魔術を解放する

勢いよく弾ける鉄球が魔術師の障壁を砕くが、複数枚展開された障壁全てを貫通することはできなかった

いくつかの鉄球は障壁を一枚、あるいは二枚貫通することに成功していたが、それでも魔術師のもとへと届くことはなかった

鉄球の攻撃を防いだことで、魔術師は内心安堵の息を吐いていた

鉄球を自分の周りに近づけさせなければそれで問題ないと考えているのだろう

確かにその通りだが、実際はその通りではない

障壁の内側に鉄球が転がっていく中、康太は動き出す

鉄球は防がれた

それだけで十分だった

すでに魔術師は鉄球を防いだことで安堵してしまっている

障壁全てを貫通することができなかった今、鉄球を伝って電撃が飛んでくるようなこともなく、攻撃を防ぎきることができたのだと判断しているようだった

康太の目的はこれ見よがしに放った鉄球ではなかった