jac イン スロット

jac イン スロット

姉さんのことを思って、なんてことは言わないから」「お互い様ってこと?」「そうそう」「偉そうに……」「……姉さんは、両親のことはどう思ってるの?」「どうって――まあ、私の扱いが難しかったんだろうなあ、くらい」「へ? そんだけ?」「逢いたいかどうかは、別としてね

あなたも好きかも:オンライン麻雀 友人同士
今の選択自体を悔やんではないけど、もっとほかの方法もあったのかな――と、そのくらいはね」「姉さん……いつの間にそんな大人になったんだ」「あはは、私なんてまだまだ子供だっての

……さてと」 足元に置いてあったボトルを手にしてリンドウの元へ

「――リンドウ、水」「やあ、ありがとうクズハ

あなたも好きかも:スロット 押す番
どうにも、いけないね、集中し過ぎてたみたいだ」「いいんじゃない? 見てて面白かったから」「おもしろ……かった?」「うん

まだ続ける?」「いや、もういいよ

ありがとうキリー、勉強になったよ」「そりゃ、こっちの台詞だ

また何かあったら言えよ」「ありがとね、キリーさん」「……クズハにそう言われると、なんだか妙な気分だがなあ」「うっさい」 ははは、と笑いながらキリーは去る

やや老成した男だが、この集落では一番の魔術師だ

あなたも好きかも:テキサス スロット専門
そのキリーがリンドウとは対等どころか、感謝すらするのだから、一体どんな生活をしてきたのか甚だ疑問だ

 埃を払いながらリンドウが立ち上がったので、木陰へと誘導する

いつの間にかアキハはいない

気を遣われたのかどうかは定かではないが、気にしないでおくとしよう

「改めて、仏術というのは面白いね

発生された環境そのものに思索を巡らすと、なかなかね」「聞いてはいたけど、リンドウの旅って、今みたいなことをしてるのね」「うん、そうだよ」「……ね、リンドウ」「ん?」「私はさ、旅はできないと思う

あー……そうね、居を構えてないと落ち着かないって言えば、いいのかな」「だったら――……いや」「なに?」「ごめん

僕にとって都合の良いことを、反射的に言いそうになったんだ」 それは、悪いことなのだろうか

「リンドウって……自制心が強いよね」「――はは