パチンコ 台 調整中

パチンコ 台 調整中

肥満体形の魔術師に対しては電撃の攻撃を繰り返していた文だったが、球体上に障壁を展開されてしまっては届くものも届かない

自分たちに襲い掛かってきている魔術師に対して爆風の魔術を発動するが、それでも突進は止まらなかった

強引な突破、倉敷がとっさに水の壁を作り出すがその勢いを殺ぐのが精々で止めることはできなかった

水を突破して目の前に現れた魔術師はその体をたたきつけるように文たちに突進してきた

単純な突進、文はその動きを見て眉をひそめ内心舌打ちをする

障壁が展開させられていなければ足をかけて転ばせることができるほどに稚拙な動きであると素人程度の文でも理解できる

言ってみればただ走ってぶつかってこようとしているだけなのだ

だがその体の周りを覆う障壁がその攻撃を厄介なものに変えている

「トゥトゥ、あの障壁突き破れるだけの水出せる?」「難しいな、あいつの障壁地味に硬いぞ?さっきから攻撃してるけど岩みたいだ」倉敷は常に水を操りその障壁に圧力を加えているが全くびくともしていないようだった

おそらく守りに特化したタイプなのだろう

あなたも好きかも:ゲラドリア スロット
その動きは緩慢でもその守りを破れるだけの攻撃ができなければ意味がない

強い一撃を加えられれば突き破ることもできたかもしれないが、文は一撃に強力な威力を込めることは確かにできるがそれは現象系の攻撃に限られる

物理系の攻撃に関しては杭を飛ばしたりと牽制レベルの攻撃しかないのだ

あなたも好きかも:パチンコ ガロ 激アツ外し
大質量の攻撃というとこの中では倉敷が最も得意ということになる

もっともその倉敷でもあの障壁を破るのは苦労するらしい

攻撃したとしてもその前に魔力が尽きる可能性のほうが濃厚だった

そして文と倉敷が襲い掛かってくる肥満体形の魔術師の対応に苦心していると、隙を見て細身の魔術師が地面を凍らせ始める

空気中の水分を凍らせるのではなく地面を凍らせることでこちらの足場を奪いに来たようだ

とはいえ近くで戦っている肥満体形の魔術師の邪魔だけはしないよう凍らせる場所は文たちの周りに限られている