鉄拳デビル スロット やめどき

鉄拳デビル スロット やめどき

 そして、小さくなっている女の子だけだ

「勧めるのは勝手だけど、強制しないで

それと同じような場面を見かけたら、覚悟してて言わなかった」「止めて下さい」 目の前から聞こえる震えた声

 私が助けたはずの彼女は私を睨み付け、険しい表情で詰め寄ってきた

「余計な事をしないで下さい」「余計って、私は何も」「迷惑なんです、本当にっ」 そう叫び、正門を駆け抜けていく女の子

 こちらとしては文句の付けようもなく、ただ口を開けて彼女の背中を見送るだけ

「で、では失礼を」 何を感じ取ったのか、私の前から逃げ出す制服着用を呼びかける集団

 これで残されたのは、本当に私一人だけとなる

あなたも好きかも:黄門ちゃま パチンコ 319
「すごいですね」 苦笑気味に声を掛けてくるさっきの子

 ただその視線は正門

 女の子が遠く去った彼方へと向けられる

「雪野さんに逆らうなんて」「私に逆らっても、別に」「警備員も逃げ出すくらいですよ

多分あの子に嫌がらせをする人なんて、もういないと思います」「ああ、そういう事

あなたも好きかも:ドラクエ8 カジノ パルミド スロット
で、どういう事」 この質問には答えず、正門をくぐる彼女

 これも人助けなのかと思いつつ、あまり納得の出来ない結末だなとも思う

 教室に着いたところで、疎外感に気付く

 誰もが自分とは違い、誰もが自分とは遠い

 気まずさともの悲しさ