スロット セイントセイヤ 海王覚醒 モード

スロット セイントセイヤ 海王覚醒 モード

どうやって出るつもりだ?」 ザーディアスはその返答に矛盾していると尋ねる

 契約魔法、特に今のような条件で発動されている場合は、返答無しでは出られない

 ましてや保留なんて答えでは出られない

「ねえ、ザーちゃん? 彼女の取引条件はなんだったかな?」「ん? そりゃ……お前さんから人工魔石と婆さんの技術の取り上げ、おじさん達の撤退とクー坊に大人しくしてろだったか?」「そう

あなたも好きかも:パチンコ ブログ のりこ
そこが彼女の罠さ」「……!」 俺は気付かれたかと、ポーカーフェイスを貫きながらも、僅かに息を呑む

「罠?」「この契約魔法はボクと彼女の血を記憶し、契約が交わされると強力な魔法となる

あなたも好きかも:porter カジノ 財布
契約が遂行されなかった場合、罰として最悪、命にも関わる

だけど、相手の制限がかかるものはすぐに執行される

……例えばリリアちゃんがその喉元にナイフを突き刺したり、ボクが無抵抗になったり……」「!?」 くそっ! 気付かれた!? 俺は思わずギッと睨みつけると、にんまりと笑顔を見せる

「無抵抗だぁ?」「そう

あなたも好きかも:ジャツクポット
今回の場合、ボクに契約の有無が決められる取引

応じなければリリアちゃんは今のまま、ナイフを喉に突き刺し、ボクらはデメリットなくトンズラ

応じればボクらは持っていくはずのものと、この人工魔石を手放し撤退できるけど……」 地面に転がる人工魔石を指差しながら、こちらの表情(かお)を窺(うかが)うように、ニヤニヤ笑う

「ボクは抵抗ができなくなる」「なんでだ?」「大人しくしてろって条件にあったろ? あれには制約期間も無ければ曖昧だ

そういうのって割と大きく行動を制限されるものなのさ