パチンコ ピースパーク

パチンコ ピースパーク

そのうち仲間内で押し問答が始まり、やがて本格的な喧嘩へと発展した

「あんたら、いい加減にしなッ!」ペトラが腕まくりをして乗り込む間も、イスラは黙々と蛇肉を貪っている

 そんな混沌とした状況の中で、一人、イスラに向かって歩いていく者がいた

「イスラさん、僕にも一つください」 イスラの前に立ったトビアは決然とした表情で言った

あなたも好きかも:カジノ メンバーズカード
取り巻きの一同から「おおっ」と声が上がる

あなたも好きかも:栗東 パチンコ バイト
「おう、山ほどあるからな

好きなだけ食え」「じゃあ……」 トビアは山刀で肉の一部を切り取り、ごくりと喉を鳴らしてから口に運んだ

やじ馬たちも固唾をのんで見守っている

 一口噛んだ瞬間、歯を押し返すような強烈な弾力が伝わってきた

まるでバネを噛んでいるようで、頑張って何とか噛み切れるというような代物だ

味は不味いわけではないのだが、ほとんど塩の味しかしない

あなたも好きかも:パチスロ エウレカ2 ボーナス キャラ
ただただ淡泊なのだ

 トビアは率直に聞いてみた

「……イスラさん、これ、美味しいですか?」「いや全然」「えぇ……」「何贅沢言ってやがる

肉は食える時に食っとくモンだろうが

おいお前ら、不味くても肉食わねえとやってけねえぞ」 蛇肉の刺さった串を振り回しながらイスラは促す

だが、「不味い」という前評判を聞かされたうえで蛇肉に挑む者は皆無だった

「まったくもう、イスラったら……」 呆れ半分に見つめているカナンの視線にも、やはりイスラは気付かなかった