パチンコ カード 仕方

パチンコ カード 仕方

しかしわずかに残された紙幅を用いて「将来への希望」についても書かれています

ラインハルトの息子であるアレキサンドル・ジークフリート大公と、宿将ウォルフガング・ミッターマイヤー元帥の養子フェリックスが幼いながらも友としての握手を交わしたり、ミッターマイヤーがフェリックスを夜空のもとへ連れ出すと、息子は夜空にきらめく星々に手を伸ばそうとするのです

主人公ラインハルトの死後、彼らにはどのような未来が待ち受けているのでしょうか

ここに「将来への希望」が描かれているのです

だからこそ『銀河英雄伝説』は今でも続編を求める声が絶えません

あなたも好きかも:パチスロ 秘宝伝 ~伝説への道~
 たとえ書籍の「最後の文」を読み終えたとしても、「将来への希望」が提示された小説は続きが読みたい衝動に駆られます

「虚無感」で終わった小説は「もっと他によい解決策があったのではないか」と本文中のポイントを振り返るようになります

 つまり「文学小説」は書籍の中を読み返して答えを得ようとしますが、「ライトノベル」は書籍の外に答えを求めようとするのです

 読み手をどちらに誘導したいかは、書き手の裁量に委ねられます

「虚無感」のままで終わることも、その先に「将来への希望」を提示して終わることも、それは書き手の意図なのです

「ライトノベル」のように「内面の未熟さ」に他人からの援護があってかろうじて出来事に成功したとしても、「虚無感」を提示したまま作品を閉じることもできます

 逆に「文学小説」のように「内面の未熟さ」から「挫折」したとしても、「将来への希望」をラストに置いて締めることもあるのです

 このあたりは、さまざまな小説に触れることで体得していきましょう