ドラグナー スロット クソ

ドラグナー スロット クソ

 ……そのうえ、まだ大きな祠を巡らなければグルトリスハイトには届かないのです

 気が遠くなる話だ

そこに到達しているローゼマインのすごさが身に染みてよくわかる

 奉納式で七色の光の柱を立てておきながら平然としていたのだ

「エグランティーヌ、ローゼマインが戻らないという万が一のことを考え、赤子に乳をやらなければならない期間を終えたら、其方にも祠を巡ってもらうことになる」「父上、それではエグランティーヌに負担が大きすぎますし、クラッセンブルクが……」 アナスタージウスの抗議を、ジギスヴァルトは軽く手を挙げて制した

「グルトリスハイトへの道筋が見えている今、グルトリスハイトを得るのが王族にとっては最優先です

春になり、雪が解けてもローゼマインが戻らなかった場合は、負担であろうとも、最初から全属性を得ているエグランティーヌに頼むのが最も効率的なのです」「ですが、エグランティーヌは出産直後です」 食い下がるアナスタージウスにトラオクヴァールがゆっくりと首を横に振る

「ローゼマインが王族入りする予定だった領主会議を終えても戻らなかった時は、私がエグランティーヌに命じる

あなたも好きかも:mini ブラックジャック
その頃には最低限の授乳期間を終えているはずだ

あなたも好きかも:スロット ちゅら沖
ナーエラッヒェはエグランティーヌの出産のために復帰してくれた

今度はエグランティーヌの番だ

王族の義務として祠巡りを行ってもらう」 エグランティーヌが「かしこまりました、ツェント」と微笑んで頷き、小さく呟いた