リゼロ スロット モード カード

リゼロ スロット モード カード

 そして、その自己紹介と同時に、ざわざわとギルドメンバーたちは動揺し始める

あなたも好きかも:スロット 大勝ち 夢
「つまり、この方があの……?」「あ、あの『アイカワカナミ・キリスト・ユーラシア・ヴァルトフーズヤーズ・フォン・ウォーカー』様?」「去年の『舞闘大会』を優勝して、『大英雄』となった……?」「本物……? え、本当に本物?」 正直、いますぐ逃げ出したい

 現代の価値観で育った僕では、こうもおもむろに『大英雄』と呼ばれるのに慣れない

あなたも好きかも:餃子の王将 パチンコ 7000 信頼度
 そんな僕の気持ちを知ってか知らずか――いや、絶対に知ってるはずのティティーは調子に乗って笑い、悪ふざけで僕を祀り上げようとする

あなたも好きかも:パチンコ 脳 回復
「はははー! こちらにおられるは『アイカワカナミ・キリスト・ユーラシア・ヴァルトフーズヤーズ・フォン・ウォーカー』様じゃぞぉ! みなのもの、控えおろう! 控えおろう!!」「控えるのはおまえだ……!」 すぐにティティーを睨みつけてやったが、その圧力を彼女は涼しそうにいなす

 むしろ、その圧力にやられたのは関係ない人たちだった

「――っ!? あ、あああ、あのっ、すみませんでした!」 開口一番に謝りだすギルドメンバーたち

「え、まじか! こんなに若いのか!?」「本当だって! あの日、俺はヴアルフウラいたから間違いない! 試合んときとは全然雰囲気が違うけど!!」「サイン! サイン貰わないと!!」 つ、次があれば、もっと上手くやろう……

 これからはこういう扱いをされるのに慣れないといけないのはわかっている

それどころか、もう取り返しがつかない以上は、この立場を上手く利用する方法を考えたほうがいいってのもわかってる

 ただ今日は、まだ心の準備が足りなかった

「ふははははー! みな、びっくりしたようじゃのー! これからは気をつけるように! こちらのかなみんは、ぬしらの上司様じゃからな!!」「ふふふっ! そうよ、次からは気をつけなさい! カナミ君の心は広いけれど、私たちのトップなんだからね! 生意気な口を利けば、減給よ!!」 僕の性格をよく知っているはずの二人が、しおらしくなっているギルドメンバーをからかい続ける

「……テイリさん、もういいでしょう

とりあえず、静かに話せる部屋までお願いします

ほんと、まじでお願いします」 もうやめてと、かなり本気で頼み込む僕だった

「あ、ごめん

ちょっと遊びが過ぎたわね