アミバ パチンコ

アミバ パチンコ

 神竜帝ナーガの破壊されたコアを素材として造り出されたそれは指輪だ

指輪自身の竜気が溜まることにより今までは力を発揮していたのだが、それが何かしらの強化をされたようであった

「さすが旦那様だね」 風音はそう言ってその指輪を優しく撫でると、虹竜の指輪は淡く虹色に輝いて反応していた

 それからもゲハーノは手放しで喜びを露わにし風音に礼を言い続け、以前に話をしていたタツオを狙っている存在について掴んでいる情報も風音に提供すると、その会合は終了となったのである

◎王都コーダ 中央通り「いやー、良かった良かった

ゲハーノさんも満足してくれたようだし」「確かに氏があれほど浮かれた姿を見るのは私も初めてで……よほど気に入ったのでしょうね」 帰り道の風音の言葉にミサリもそう返す

「しかし、ゲハーノの口にしていた『髪々の祝福』を超えるカツラ、『髪々の黄昏』と言いましたか

それは一体どういうものなのでしょうね?」 ミサリが口にしたのは帰り際にゲハーノが話していたカツラの話である

その問いに風音は肩をすくめながら言葉を返した

「まあ、ゲハーノさんには手には入らないものだねえ」 そう口にした風音にミサリは首を傾げるが、風音もそれ以上は何も言わない

あなたも好きかも:スロットマシン プログラミング
 『髪々の黄昏』

それは己の毛根を生け贄とし、魔性の髪を自らの身に宿す禁断の術を指す言葉であった

あなたも好きかも:パチンコ 赤保留
故にもはや毛根なきゲハーノでは叶わぬ夢でもあった

「ハァ、そうですか