ソフトオブデマンド パチンコ

ソフトオブデマンド パチンコ

(グレーティアさんは、妖精さんになる前はどんな種族だったのだろう………)初めて見る国の街並みを眺めながら、ネアは隣を歩くグレーティアの背の高さにまた一つ謎を深めた

これくらいの長身となると、ネアが知る限りはドリーやダナエくらいではないだろうか

あなたも好きかも:カジノ ビジネス
となると、竜種だったりする可能性もあるのかなと考えればわくわくする

ブンシェの国は、とても豊かで穏やかなところだった

お伽噺の中に生まれ悪役の怪物に苦しめられる国らしく、善良で穏やかそうな人達が暮らしている

このあわいの中で生活を成り立たせている以上はそれなりに複雑さもあるのだろうが、ラエタの影絵とはまた別の種類の、どこか平坦な空気と言えなくもなかった

石造りの建物に、可愛らしいレースのカーテンや植木鉢の花々

広場には噴水があり、小鳥達が水浴びをしている

商店には豊かな品々が並んでいて、市場はとても賑やかだった

「支払は、この国の貨幣か、小さな宝石などでも支払えるみたい

ヴェルクレアの金貨や銀貨なら、質がいいから問題ない…………だろう」一拍語尾を彷徨わせ、グレーティアは渋い顔をする

そつなくこなしているように見えても、やはり口調そのものをがらりと変えるのは難しいのかもしれない

だから、ゆったりとした穏やかな口調になるのだろう

あなたも好きかも:日高 パチンコ ジャム
「食べ物などはどうなのでしょうか?」「この土地に敷かれた魔術などを見ている限りは、大丈夫そうだね

……………弟子?」ここでグレーティアは、突然しゃがみ込んで何だか黒っぽい塊をつついているネアに、怪訝な顔をして振り返った

ネアは、地面に倒れて儚くなりかけているものを覗き込んでから、ちょっと嫌な予感を覚え始めているグレーティアを見上げた

「師匠、魔物さんを拾いました」「……………え、魔物なの?」「はい

そのあたりの目利きは出来るのです

こやつは魔物で、なぜか行き倒れています」「…………ええと、そこに落ちてる棒で、ちょっとだけ髪の毛を持ち上げられる?」「お任せを」動揺しているせいか、少しだけ女性的な語尾になりつつあるグレーティアの指示に、ネアは行き倒れの魔物の横に落ちていた木の棒で、その髪の毛をふわっと持ち上げて横顔をグレーティアに見せてやった