パチンコ みずほ台 駐車場

パチンコ みずほ台 駐車場

「向こうの食事のおかげでチビじゃなくなった上にオタクな眼鏡を外してしまって」 相川はキョトッと目を見開き固まっていたが、ようやくわかってきたのだろう、段々と眉をつり上げ、次第に鼻息を荒くさせて表情を険しく変えた

あなたも好きかも:サバイバルゲーム オンラインゲーム
「……このっ……こンのぉ……!!」 怒りで顔を紅潮させた途端、相川は医療具を直す反町に近寄って左手で服を掴み引っ張った

あなたも好きかも:セブン スロット 天井
「何やってたんだこのクソ部長!! おまえがいない間に先輩が大変なことになってたんだぞ!!」 怒りを露わに睨んで服を引っ張る相川にやられるがまま、反町は軽く体を揺らし、表情もなく彼へ真っ直ぐな目を向ける

傍にいた一平が「やめんかぃ」と呆れ気味に背後から肩を掴んで止めようとしたが、相川は怒りを抑えようとはせず反町の服を強く握り左右に大きく引っ張った

「先輩泣いちゃったンだぞ!! ずっとがんばってたのに……泣いちゃったじゃないか!! おまえは何してたんだ馬鹿野郎!!」 言いたいことは、まだまだ山ほどある

だが、それ以上は言えなかった

あなたも好きかも:パチンコ レイヴ 保留
 感情が高まったのか、責め立て怒鳴るその目にブワッと涙が浮かび、相川は顔を歪めて息を詰まらせるとグイグイと服を引っ張りながら俯いた

「……さよならって、言われちゃったじゃないかっ……

言われちゃったんだぞ……

オレ……言われちゃったんだぞ……」 必死に告げながらも啜り泣き、駄々を捏ねるように何度も服を引っ張る相川を見て、洋一と生美は深刻そうに顔を見合わせた

それは周りのみんなも同じ

どうしたらいいか、どう声を掛けたらいいのかわからず、視線を落とす

 ただ、反町だけはそんな相川から目を逸らさなかった

 微かに息を詰まらせ項垂れ泣きながらもしっかりと服は掴んでいる、その手を見下ろして見つめ、深く息を吐いたあとに何かを告げようと口を開いたが、コンコン、とドアがノックされ、そちらへ顔を向けた

 ――今、体育祭は閉会セレモニーが始まっている

“普通の生徒”なら参列をしているはずだ

 怪訝に近寄った勝則が用心しながらも「……はい?」とドアを開けると、「どおもぉー」と、見知らぬ男子が体を斜めに傾けつつひょっこりと顔を覗かせ、警戒していたみんなは拍子抜けの気配にキョトンとした