花の慶次 スロット 絵巻

花の慶次 スロット 絵巻

マルウェールを離れた皇魔どもを、包囲覆滅する」 グラードは軍議を打ち切ると、混成部隊に出撃を命じ、ザルワーン各地に伝令を飛ばした

あなたも好きかも:g1 優駿倶楽部 パチンコ 規定回転数
ザルワーンの大地に布陣しているのは、なにもドルカたちだけではないのだ

あなたも好きかも:パチンコ 清原和博
ログナー方面軍第二、第三軍団は、ナグラシアの北東、ジベル領土メリス・エリス付近に陣取っているはずだし、ザルワーン方面軍の第三、第四軍団はマルウェール北西に、第五、第六軍団は龍府北東、第七軍団はスルークに配置されていた

そして、龍府にはガンディア方面軍第三、第四、第五軍団が控えている

 マルウェールは、餌だ

 圧倒的な兵力を誇るクルセルク軍の動きを制御するためだけの、囮だ

が、グラードがいったようにクルセルクの軍勢を足止めすることはできないだろう

なにせ、最低限の戦力した配備していないのだ

マルウェールを無視し、動き出したクルセルク軍の背後を突いたところで、痛撃さえ与えることはできないだろう

むしろ、手痛い反撃を食らうのが落ちだ

そして、マルウェールの守備部隊は、城壁外に打って出ないようにと念を押されている

ナーレスの戦術において、マルウェールに戦果を求めてはいなかった

あなたも好きかも:地獄少女 宵伽 スロット 期待値
 クルセルクに、アバードやジベルではなく、ガンディアの国土に戦力を差し向けさせるのが目的なのだ

少しでも多くの戦力をガンディア方面に割いてくれれば、アバード、ジベルによるクルセルクへの攻撃が捗るというものだが

「敵は皇魔だけで六万を超えるということだが」「その大半をマルウェールにぶつけてきたとしても、クルセルクの国土を守るだけの戦力はある……と」「いかんともしがたい戦力差だね」 馬上、ドルカはニナに向かって肩を竦めた

グラード=クライドを指揮官とする混成部隊は、一路、マルウェールを目指して動いていた

 クルセルクが動いたという情報が、タウラル要塞に陣取るシーラ・レーウェ=アバードの元に届いたのは、一月十四日の真夜中のことだった

 日付が変わるような時間帯に叩き起こされて不機嫌だったシーラだが、クルセルク軍が動き出したという情報には全身で喜びを表し、侍女たちに諌められたりもした

「戦争が始まることを喜んでいるんじゃないぞ」 シーラは言い訳ついでに麾下の軍勢に出撃命令を下すと、タウラル要塞で待機していたイシカの軍隊にも使いを出した