ブラックラグーン 新台 パチンコ

ブラックラグーン 新台 パチンコ

そう、自慢」 方眉を上げてじっとりと目を細められ、真里乃は「クスクス」と笑う

「優樹が、いいなー、って思えるくらい、綺麗になるから」「……石田さん、ホレ直すね」「だといいなー」「……その場で倒れるかもしれない」「……

そ、それは困るわ……」 引き攣った笑みで首を振る真里乃に優樹は少し吹き出し、小さく息を吐いて気を取り直しつつ、「……うん」と弱い笑みで頷いた

「……待ってて

すぐ元気になるから

あなたも好きかも:スロット 過去 人気
んで……お姉ちゃんと石田さんの結婚式、失敗しないか粗を探してあげる」「……

意地悪な子ね」 ムスッと口を尖らせる子どもっぽい真里乃に、優樹は「へへ」と笑ってクマジーの頭に鼻を埋めた

 ――二人には、特に真里乃には幸せになってもらいたい

大好きな姉だというのもあるけれど、石田と出会って、彼女が本当に楽しそうにしていたのを知っているから

 本当に好きな人と結婚できることを、祈っていた

だからこそ

あなたも好きかも:猛虎花形 スロット アプリ
 石田のことも真里乃と同じくらい好きだから、義理の兄になってくれるのは嬉しい

 彼らが早く結婚できるように、その為にも元気にならなければ……――

「クマジーに襲われたって?」「……

そ、そういうことじゃ……」「……クマジーは主に似てしまったか……」「……?」 軽く額を押さえる彼を見て、優樹はクマジーを膝に抱きながら首を傾げた

 午前中の面会時間が終わり、一旦真里乃が帰った後、看護婦に「対話室へ」と誘われてやってくるとそこには保拓がいた

 話しを聞いたのだろう、まずは「クマジーに襲われた」話題から始まり、優樹は恥ずかしそうにクマジーの頭に顔を埋める

 保拓は向かい合う優樹に苦笑した