はるる パチンコ

はるる パチンコ

沙織も全ての魔術を魔法として使えるようになる

それが沙織の成長だと俺は考えていた

あなたも好きかも:アリア パチンコ aa fe
「限界を決めるのは自分自身だ

逆に言えば、限界を超えるのも自分自身だ」「ええ、そうね

そうかもしれないわね」今はまだ実感がわかないようだが、新たな力に覚醒した結果として沙織は魔法を使えるようになったはず

あなたも好きかも:パチンコ 当たりやすい 人
そしてその力によって優奈の出血は止まり、無事に治療が終了していた

「魔法を極めれば、妹の目を治療することもできるだろう」「え?ほ、本当ですか!?」「幾つか方法は考えてある

あなたも好きかも:ジャムびん
だがどの方法を試すにしても沙織自身が腕を磨かなければ実現することはできないとも考えている」「そのために、あえて私に任せたのですか?」「治療に協力すると約束したからな」例えそれが効力を持たない口約束だとしても、約束を反故にするつもりはない

「それに、どんな治療法を考えても実行できなければ意味がないからな」「…そうですね

私自身も努力をするべきだったんですね」単に魔術を開発するだけでは意味がない

術者自身の力量を上げなければ使いこなせないからだ

そのために偽りの限界を崩して、新たな道を切り開くこと

それが沙織にとって必要な一手だったと思っている

自分にはこれが精一杯だという『思い込み』を排除することで見える『先』がある

そのことに沙織も気付いただろう

ただそれだけのことだが、気づくことができたことで沙織も成長出来るはずだ

ただ魔術を『使える』だけではなく

魔術を『使いこなせる』ということの意味を知った沙織なら、俺が手を貸さなくてもあとは自分の意思で成長していくはず