スロット 宇宙戦艦ヤマト2199 朝一

スロット 宇宙戦艦ヤマト2199 朝一

 先ほどからファフナーが何もないところへ目を彷徨わせているのは、そこに誰かがいて何かを聞いている可能性がある

 そう僕が冷静に『血の理を盗むもの』を分析している間に、少しずつファフナーの声は小さくなっていく

「ああ、俺には戦う責任があったんだ……! ただ、俺に戦う力がなかった……

あなたも好きかも:めぞん一刻 パチンコ 保留 色
地獄の底で『経典』を読み続けることしかできなかった……

俺は……」 変わらず饒舌ではあるが、勢いが完全に失われた

 話していたはずのマリアなど眼中にないように、視線を血の池に向けて、その赤い水面に映った自分と話し続ける

あなたも好きかも:ギルティクラウン スロット 期待値
「だから、必要なんだ……

あなたも好きかも:インターラーケン カジノ
どうしても、カナミが必要なんだ……

もうカナミしかない

俺たちを救えるのは、もうカナミだけだ

どうしても、『大いなる救世主(マグナ・メサイア)』が世界にはいる……」 その様を見てしまえば、侮辱とわかっていても狂っていると思わざるを得ない

 色々と手遅れであると同情せざるを得ない

 ただ、それはファフナーだけではない

 『理を盗むもの』たち全般に言えることである

 脳裏に浮かぶのは出会ってきた『理を盗むもの』たちの姿

彼らは皆、救われるのが遅れてしまったから、ああも狂ってしまったのだろうか

「そうだ……

早くカナミに会いに行かないと……