熊谷 パチンコ 店

熊谷 パチンコ 店

セイが懐かしそうに、うす暗い森を見回して「セイ様、友達と傭兵会社造る前は よくこの森に遊びに来てたよなー

 ビリー爺とまた会えるのが、ほんとに嬉しくてなぁ」三年前からなら、当時から在籍していたはずの大学の授業は殆ど出てなかったのだろう

セイらしい

あなたも好きかも:パチスロ アナザーゴッド
「ビリー爺、幽鬼になって、すっかり貧弱になってなぁ

 セイ様の漲るパワーに頼りっきりだったぞ」「そうだったのか……」ナーニャが俺たちの人垣の中から「その小屋見たい!見せてよー!」といきなり言ってきて「ナーニャちゃ、今日は バルテンさんのお家にみんなでいくんだよ

 パパたちを困らせちゃダメだよ」いつものようにハルから窘められている

ビリーは頭蓋骨を揺らして笑いながら「我々は見せても良いですよ

ここからすぐ近くですし 飛行機へ行くついでに立ち寄って頂ければ

 ただ、あのお子様たちは 人間族のようですが……大丈夫なのですか?」少し、考える

あなたも好きかも:今福鶴見 パチンコ
ナーニャは種族的にはたぶん人間とは言え、流れ人と水棲族のハイブリッドで、ハルの身体は美射が極限まで人間としての性能をあげたものである

まあ……短時間なら、危険は無いだろう

「じゃあ、ちょっとだけ、伺っても宜しいですか?」「ええ、喜んで」「やったー!」ナーニャは喜んで、ハルは少し膨れた

あなたも好きかも:厚木 飯山 パチンコ
あとでフォローしてやろうと思う

ビリーは俺たちを脇にそれた小道へと誘っていく

「何にもないぞ?ただの小屋だ

 いいのか?」セイが尋ねてくるが「ナーニャの意見を聞いてやろう」「娘に甘いなー

まるで私が子供の頃のお父様見たいだなー」セイが微妙な顔で言う