偽物語 スロット 新台

偽物語 スロット 新台

ジルヴェスターがトゥーリを見て痛そうに、ほんの一瞬だけ顔を歪めた後、領主の顔で静かに口を開いた

「上級貴族の娘として領主の養女となるマインに、其方らは邪魔だ

後腐れがないように、全員処分することも考えたが、それではマインが暴走しそうなので、其方らを残すことに決めた

ただし、以後、家族として会ってもらっては困る」 家族がびくりと体を揺らして、息を呑んだ

目を見開いて、ジルヴェスターを見つめ、唇を震わせる

「マイン工房はこのまま紙や本を作る工房として継続する

この神殿の部屋もそのまま残すので、この契約を済ませば、会うことだけは許す」 すっとジルヴェスターは契約魔術に使う契約書を差し出してきた

先程、神官長が作成していた契約書だ

「マイン、読んでやれ

あなたも好きかも:ぱちんこ 神田
我々が読むより、信用に値するだろう」 字が読めない平民は、契約書が読めなくて、損をすることも多い

あなたも好きかも:パチンコ 事務 評判
貴族にしか通じない文言が練りこまれていて、損をした商人もいると聞く

あなたも好きかも:カジノ 来日
信用できる者に書面を読ませるのは、文盲な者にとって大事なことだ

 わたしは席を立って、ペンとインクが並べられたテーブルの一辺へと向かう

左側には神官長とジルヴェスターとカルステッド、右手には家族が並んで座っている