ブラックジャック ホスピタル

ブラックジャック ホスピタル

「それから、こう……進みます」 ゆっくりとサイルマーヤが地図のうえに置いた指先を滑らせる

「そして、ここが次の目的地としていただきたい場所です」 そして、地図の一点に指を止めて、オレ達を見回し言った

あなたも好きかも:鉄拳4 スロット デビル
 他の神官達も、納得した様子だ

「ここには何があるんですか?」「こちらは冥府の盟主を名乗るアンデッドが跋扈する場所でございます」 カガミの質問に答えたのは、ブロンニだった

あなたも好きかも:パチスロ 収録 予定
 いつもの笑顔ではない、真剣な顔だ

「アンデッドですか」 アンデッドなら戦わなくても大丈夫

 近づくだけで倒せる

あなたも好きかも:パチスロ 山佐 新台
死を超越した王と名乗り、地下深くに続く迷宮を作り潜んでおります」「領主ですら手を焼く存在だそうですなぁ

アンデッドを操り、地下にて夜な夜な怪しげな実験を繰り返すのだと聞きます」「有名なのですね」「そうです

すでに冒険者の集団がなんども迷宮に挑み返り討ちになったそうです

ですが、ノアサリーナ様がお近くに立ち寄られれば、たちまちのこと、ヤツにとっては不運となりましょう」 ブロンニの言葉を聞き、ノアはオレをチラリと見た

 オレはノアが何を言いたいのかを察して、頷く

「分かりました

困ってる方がいらして、そこに立ち寄るだけで解決するのであれば、伺うことには何の問題もありません」 そして、オレが頷くのと同時に少しだけ微笑んでそう答えた

「さすがノアサリーナ様でございます」「いらしていただくからには、不快な思いをさせないように、皆が協力しますのでご安心を」 ブロンニがあげた賞賛の言葉に続き、サイルマーヤのかけた言葉に、他の神官たちも頷く

「それから、ここと、ここ

この二つの印が残りの目的地ということ……でしょうか?」 ミズキが残り二つの大きく丸がされた場所を指さし、独り言のように言う