スロット 熱い イベント

スロット 熱い イベント

彫り深い面立ちは整っているし、赤と青のそれぞれに良いところ取りの色彩は思わず見惚れてしまうくらいに綺麗な透明感を持って、人外者らしい特別な色を見せてくれる

「エルウィンさんは、すごい竜なのだと聞いたのです

あなたも好きかも:地獄少女 スロット あとは みちる
であれば、覚悟を持ってきちんと謝罪すれば、その高い能力惜しさに匿ってくれる方もいるのではないでしょうか?ドリーさんにもきちんと謝って…」「ドリーに?………王族の系譜の俺が、一族の忌み子のドリーに頭を下げろと言うのか?」その一言でネアのちょびっとだけの善意はあえなく死んでしまったのだが、そうとは知らずにエルウィンは吐き捨てるような口調で言葉を重ねてゆく

「俺は王族の血を引く者だ

母方の海竜とて準王族の血筋

それなのにどの一族にも重用されず、人間の王族達も俺の前で頭を垂れようとしない

その不敬を甘んじて受け、尚且つ、ドリーなどに頭を下げろと言うのか?」言葉選びは乱暴だが、エルウィンは決して声を荒げはしなかった

あなたも好きかも:webmoney vプリカ
他の場面では気の短い部分を見せることもあったが、自身の問題については軋るような低い声で語られるからこそその心中の激しさが伝わるような口調で、淡々と怨嗟を連ねてゆく

あなたも好きかも:狭山 スロットカー
(………もし今回の陰謀が上手くいってしまって、手薄になった護衛代わりにこの人を登用しようという声が上がったとしても、それは上手くはいかなかったような気がする)エルウィンがどれだけ優秀な竜だったとしても、彼の望みがこの言葉の中に沈められた怨嗟に連なるものである限り、ヴェンツェルは彼を使おうとは思わないだろう

エルウィンがそう扱って欲しいと望む王族の権利のそれと、実際にそうしなければいけない契約の竜の立場はまるで違う

それはドリーのように、或いはヒルドやダリルのように、もしくは話にしか聞いたことはないが、第五王子を溺愛しているロクサーヌのように、やはり、保護者や補佐官としての契約に向いたお互いの信頼が必要なのだと、ネアは思う

「それなら、自分を評価しない居心地の悪い場所ではなく、どうして他に居心地のいい場所を探すなりしなかったのですか?才能はあるのですから、引く手あまただったでしょうに」「………父と同じことを言うのだな

あいつも、いつもそう話していた

他国の王族を紹介してやるだの、高名な魔術師や他種の竜と交流しろだの……」「まぁ、であればお父様は、きっとあなたのことを心配されていたのでしょう