パチスロ デビルメイクライ3

パチスロ デビルメイクライ3

そしてため息を吐くと、手を伸ばしてクマジーを布団の中に入れ、ギュッと抱いて背中を丸めつつ古くさい頭に顔を寄せた

『ボク、一人ダト寂シイヨ

あなたも好きかも:パイレーツ・フロム・ザ・イースト
一人ニナルノハ絶対ニ嫌ダナ』 クマジーがそう“言っていた”言葉が気になって気になって、どうしようもない

あなたも好きかも:ラオウ昇天 スロット 条件
あの少女が操っていた、ということはわかっていても、なんとなく放っておけない

 優樹はクマジーに顔を寄せたまま目を閉じた

「……」 不意に、クマジーに染みついているのだろう匂いが鼻に入って来る

あなたも好きかも:フェアリン パチスロ
 ……懐かしい匂い

……なんの匂いだろ……

……昔……嗅いだことがあるような……――

 思い出そうにも思い出せない

けれど鼻の奥、確かにその記憶はある

 ……なんの匂いだろう……? ……

……忘れていた匂い……

 優樹はクマジーの頭に鼻を埋めた

 ……安心する匂い……

……不思議……

 ホッと体の力が抜けると同時に、鼻の奥がツンと痛くなり、目元にじわりと涙が浮かぶ