スロット 凱旋 いつまで

スロット 凱旋 いつまで

 ライトノベルとはこのように「見た目が軽く感じられる」から「Light novel」なのだと解釈できます

 このように書籍の下の部分に空白が生まれると、「ページの濃さ」が淡くなるのです

句読点 小説の「文体」として「句読点」も重要です

 たとえば読点「、」によっていくつもの文を重文にしてつなげていく

 それだけでもひとつの「文体」です

 基本的に重文で三つも四つも読点で延々と文をつなげてしまうのは、「読みにくさ」を漂わせてしまいます

 一文二十文字程度で句点「

あなたも好きかも:当たりやすい スロット
」を小刻みに入れていく

あなたも好きかも:国領 パチンコ 営業
 これもやはりひとつの「文体」です

 一文に修飾語をたくさん入れて六十文字も八十文字も句点がない、というのも「読みにくさ」を与えてしまいます

「読みやすい文章」という部分では読点も句点も適度に用いることが望ましいのです

 ライトノベルは「読みやすさ」が最優先になります

 とくに活字に慣れていない中高生が主要層なので、たとえ読めば「面白い」とわかっていても、「読みにくさ」を感じたら次巻以降を買ってもらえなくなるのです

あなたも好きかも:ゴールド パチンコ店
 あえて「読みにくさ」を狙えば、その書き手独特の「文体」になります

「文学小説」や「大衆小説」の書き手の中には、あえて「読みにくさ」を狙う人が相当数いるのです

「文学小説」では「難解でひねりの利いた文体こそが崇高だ」という考えに囚われてしまい、難解な「文体」を好む人が多くいます

 試しに芥川龍之介賞(芥川賞)や直木三十五賞(直木賞)を獲った書き手の作品を読んでみてください

 中高生なら投げ出したくなるような「難解でひねりの利いた文体」が横行しています