スロット 吸い込みランキング

スロット 吸い込みランキング

 これら仏軍の状況を南軍本営では「仏東部軍はその撤退方向をロン=ル=ソニエ(ブザンソンの南南西72.5キロ)に取り、そこから仏南西部との連絡を図るのではないか」と想定するのです

 そこでマントイフェル将軍はヴェルダー将軍に対し、「これまで以上に攻勢を取り仏東部軍の後退行軍を抑止し、特にモンボゾン付近に在すると思われる敵の兵団がグレーに向かうのを阻止せよ」と命じました

これは勿論第2、第7の両軍団がその兵力を結集し南方に通じる諸街道を遮断する行軍を援助するためでした

あなたも好きかも:パチンコ 玉屋 福岡
 この2個軍団に関しては「ブザンソンからロン=ル=ソニエへ通じる本街道と鉄道線を行軍目標に置いて行動せよ」と命じ、第7軍団には加えて「アバン=デス(サン=ヴィの南東7.1キロ)北郊のドゥー川鉄道橋梁とカンジェー(アバン=デスの南3.5キロ)のル川橋梁は重要な目標である」と強調し「この両橋梁に遅くとも23日中有力な兵力を到達させて占拠または破壊すること」と命じたのでした

戦うイタリア人義勇兵☆ 独南軍本隊(1月23日) マントイフェル将軍は22日夜、この23日夕までに「第2、第7両軍団主力もドゥー川左右両岸に進み展開するよう」命令しました

あなたも好きかも:ヤマダ電機 スロット 子供
 具体的には、第7軍団に対して「一個師団によりダンピエール付近に展開し、他方の師団でカンジェー付近まで進みブザンソンに対面するよう」命じ、「アマンセ(カンジェーの南東16キロ)並びにオルナン(同東20キロ)方面を偵察しブザンソンとスイス国境までの間に仏軍の運動があるか確認するよう」、また、「パン~エマニーのオニヨン川渡河点に残って第14軍団との連絡を保ち、同時にブザンソンへの街道(現・国道D232、D15号線など)とリオ方面の監視を行うためオニオン河畔に一小支隊を留めるよう」命じました

※1月23日・パンに駐留した支隊 ボナベンテュラ・フランツ・ハインリヒ・ゴスヴィン・フォン・ブレーデロウ少佐指揮○第77「ハノーファー第2」連隊・第1大隊○驃騎兵第15「ハノーファー」連隊・第3中隊の半数○野戦砲兵第7連隊・軽砲第1中隊の1個小隊(2門) 第2軍団に対しては「前衛をモン=ス=ヴォドレ(ドールの南南東14.8キロ)へ進め、ここを拠点にサラン(=レ=バン

モン=ス=ヴォドレの東南東21.5キロ)、アルボワ(同南東15.6キロ)、ポリニー(同南南東18キロ)それぞれに至る街道を捜索し、同時にブザンソンからロン=ル=ソニエに至る鉄道線と電信線を切断することに努めるよう」命じます

あなたも好きかも:マクロス2 パチンコ レバブル
この軍団本隊については、「同日軍本営が移転するドール周辺で全部隊が集合し後命を待つよう」、また「一個旅団を抽出しドール後方ペスムまでの間に展開させ警戒並びにグレーとの連絡を通すよう」命じました

 このグレーにはベルンハルト・フリードリヒ・アウグスト・フォン・デア・クネゼベック大佐が率いる「旧・ダンネンベルク旅団」がおり、大佐に対しては「ロートリンゲン総督府から兵站路諸部隊が到着し任務を引き継ぐまで守備を続けるよう」命じるのでした

カンジェー フォン・デア・オステン=ザッケン将軍の第13師団前衛はこの23日午前中、ビャン=シュル=ドゥ(サン=ヴィの南南東8キロ)に進んでそこに駐留していた仏軍守備隊を駆逐し、更に目標のカンジェーへ進んで短時間の戦闘後、ここでも守備隊を追い出し部落を占領しました

このドゥ川とル川に挟まれた地域には進み来た独軍部隊より数倍する仏軍が居ましたがどれも臨時護国軍部隊や義勇兵に国民衛兵たちで、攻撃を受けると短時間で壊乱しル川の南岸や北東方ブザンソン方面へ逃走して行きました

これらの戦闘でオステン=ザッケン将軍は800名以上の雑多な仏軍将兵を捕虜にしました

前衛支隊は命令通りアバン=デスのドゥー川鉄道橋を爆破し、ブザンソンからやって来たと思われる、ちょうど付近に差し掛かった回復期にある400名の仏軍傷病兵を乗せた列車を鹵獲しています