メル パチンコ

メル パチンコ

教えるの、お上手ですね」「気にすんにゃ~

アトちんは素直で可愛いにゃ~」リコに判定書を渡し、アトに"護衛"の言葉を教えたライが、"Vサイン"をしながら、シュトに言う

 「ライお姉さん、アトは"男の子"です

あなたも好きかも:ガルパン 劇場版 スロット 温泉
可愛いはいけません」アトが頭を横にフルフルと振って、可愛いを否定する

そしてこのやり取りを思いのほか、じっくりと眺めている人物がいた

あなたも好きかも:カメンライダー パチンコ
ディンファレでだった

「シュト殿、1つ込み入った事になるかもしれないが、尋ねてもよろしいか?」シュトにとっては初対面で、美人であるがかなり"圧"をもった女性騎士ディンファレから"込み入った"と言われて、まばたきを繰り返しまう

あなたも好きかも:ルパン 不二子 パチスロ
「はっ、はい私に答えられる事でしたら」初めはどもってしまったが、執事のロックに指導された通りの応対をこなし、シュトはディンファレに頭を下げた

「そう畏まらなくていい

尋ねたいのはシュト殿の弟、アト殿についてだ」「アトについてですか?」シュトはディンファレからの予想外の質問に、下げていた顔を直ぐに上げてしまっていた

ディンファレは、シュトがまだ執事として日が浅いと察する

浅くなければ、遠慮なく圧を出して注意をしている

「詳しく話しを聞きたいので、シュト殿が話しやすいように話してくれて構わない

で、単刀直入に伺うが、アト殿の成長に偏りがあり、それにあった教育を施したのはどなたか、教えて頂きたい」初対面のアトの成長状態をあっさり把握し、それに合わせた教育が成されたことを看破したディンファレに、シュトは軽く畏怖を覚える

「えっ、それは孤児院から俺らを引き取ったエリファス師匠に、なるんだよな?」ここにグランドールがいたなら、シュトは恐らく彼を頼りにしていただろうが、今はいない

ディンファレから改まって言われると、普通にやってきた事が実は"異質"だったと、目の当たりにされたような感覚にシュトは陥る

そしてシュトが視線を向けた先は、気心が知れたアルスだった