ベラジョンカジノ スロット ペイアウト率

ベラジョンカジノ スロット ペイアウト率

でもいつか、グロリオーサが大人になったなら、上臈に感謝を述べ、"血は繋がらなくても親子"という契りを結び、本当に家族となれたならいいと考えていた

あなたも好きかも:カジノ 賞金
そんな、王都での安寧の日々が、続くとばかりに思っていたのだけれども―――

―――いつまでも、側にいられるわけではありませんからね

あなたも好きかも:東中野 パチスロ
夢の中で聞こえた言葉が、田舎の村で拗ねるグロリオーサの中で再び響いた

(もういい、考えるのを止めよう)―――はい、はい、わかりました、一緒にもどろうね

(戻る―――"戻れる場所"なんて、私に、俺にはない)手を引かれて、立ち上がるトレニアの気持ちは小さな男児の戻ろうとすることに、安堵することに向いていた

 王都からやって来た――――居場所を失ったグロリオーサの気持ちなど、微塵も感じていない様子だった

(あの人を大切に思う気持ちも、無駄だったのか?)心に悲しみと、小さな怒りが燻った

まだ思い出したのなら、懐かしい気持ちの方が勝って、居場所を逐われた怒りは大きくなることができない

(私は、"俺"は、あの人から必要とはされてなかったのかな)―――手作りなんて、陛下にだって差し上げた事がありませんのに

―――しかも、不恰好ですわね

更に食べる時は、2人でライスの粒だらけになりながら、それでも楽しくて、そして"おいしいです"と告げたなら、気高い何時もの雰囲気とは違う、柔らかい笑顔を浮かべてくれた

"一番大切"という国王にすら作らなかった食事を、グロリオーサの為だけに作ってくれたという事に、何の意味がないなんて、思いたくもなくない、けれど

――――!?

気がついたら、紫の瞳が優しく、微笑みながら、グロリオーサを見つめていた

その紫の瞳から注がれる優しさは、あの人の柔らかい笑顔に繋がるものがあって、思わず最後に誉められた時の言葉を思い出してしまっていた

でも、思い出した途端に、グロリオーサがを笑顔で見つめていながらも、俄に驚いた気持ちがその瞳から、表情にも滲み出て広がっていくように見えた

―――おっし、上手く言ったな♪

驚いたトレニアと、束の間見詰めあった僅かな次の瞬間に、小さくだが軽快なジュリアンの声が耳に入ってくる