パチンコ 大当たり 電源オフ

パチンコ 大当たり 電源オフ

そう思ったのだがサヤは受け入れない

長椅子から身を起こすので、寝ているようにと制止するが、それも拒否されてしまった

「自分のことです」 そう言うサヤは、瞳の中に、何かチラリと、イラつきのようなものを覗かせた

 少なからずムッとしてしまう

サヤの体調を心配してるだけなのに……

それどころか、交渉自体を自分でしたいと言い出す始末

 何を言ってるんだ

あなたも好きかも:スロット ガロ フリーズ 期待値
これは初めから、俺たちですると言っていた筈だ

 先程までは頭が働かず、正直どうしようかって思ってたのだが、俺はそんなことも忘れていた

あなたも好きかも:ガラスの仮面 パチンコ 信頼度
サヤの強情さに気分を害し、その勢いのまま、思ったことを口にする

「駄目だ! あんなに血を失くしてるのに、集中出来るわけないだろ⁉︎ 俺は明日だって、サヤを人前に晒す気は無い! ここで大人しく……」「レイは、そないに私を、居いひんかったことにしたいん⁉︎」 叩きつけるように言葉を浴びせられた

 怒鳴られた…………

あなたも好きかも:パチンコ 昭和 の一発台
 一瞬それが飲み込めない

 俺を睨みつけるサヤの顔が、前に怒った時のそれとは比較にならないくらいで、俺は釘を打たれたように、固まった