スロット 設定判別 アプリ おすすめ

スロット 設定判別 アプリ おすすめ

今は祖国の事を考えても仕方がないから

 クラウディアが勤める冒険者ギルドの受付嬢は、命の危険が無い仕事の中ではトップクラスに給与が高いが、それでもこれまで新しい服は一着も買っていなかった

 将来が見通せない状況で無駄遣いなど、金銭感覚に優れたクラウディアにはとても出来ることではなかったからだ

(……でも、今はカケル様がいるし、そもそもデートに着ていく服も無いし……) 受付嬢の制服を着てゆく訳にもいかないわよね、と自分に言い聞かせ、(必要経費だし……せっかくだから一着だけ買っていこうかしら♪) この封筒を届ければクエスト報酬も出るのだしね、と久しぶりの買い物に胸踊らせるクラウディア

 夕暮れ迫る街を、足取りも軽くシルクの翼を目指して急ぐのだった

「こんにちは〜」 シルクの翼は白亜の2階建ての大きな建物で、1階が店舗兼ショールームで、2階がデザイン事務所となっている

あなたも好きかも:ファフナー2 スロット フリーズ
 ドワーフの店らしく様々な鉱石でセンス良く装飾された扉を開けて広い店内に入る

あなたも好きかも:はなんちゅ スロット やめ時
 さすがに高級店ということもあり、店内の客は皆、一見して裕福だと分かる身なりをしており、自分が少々場違いな恰好をしていることに気づいて少しだけ悲しい気持ちになる

(もう少しマシ服を着てくれば良かったわね………) それでも自分は依頼で来たんだと割り切り、近くの店員に声をかける

「すいません、冒険者ギルドの依頼で来たんですが……」「ああ、聞いてますよ

すぐにオーナーを呼んで来ますね!」 パタパタと2階へ上がってゆく若いドワーフ族の女性店員

 少ししてオーナーらしき女性が降りてくる