台枠 パチンコ

台枠 パチンコ

あなたも好きかも:サザエさん マスオ パチンコ
などと思いながら、その背中について行く

さらに、延々と続く本棚を奥へと進んで行く

「凄い広さだな」「当時の世界中のあらゆる言語の本が 集められてるからね」「圧倒されるけど、一冊も手に取る気には ならないわ……」この量で、この広大な図書館のたかが一フロアである

全て読破するには、俺の何百回分の人生が必要なのか

あなたも好きかも:スロット 換金所 場所
「暇と時間が有り余ってないと無理よね

 だから、長生きの竜族には最適ってこと」「……師匠みたいなタイプなのかな」ふと思い出して呟く

今は亡き師匠も、頭の良い竜だったと何度も伝え聞いた

「知能が高いのは間違いないわよ

あなたも好きかも:パチンコ台選び源さん
 でも剣術には一切興味ない竜よ

 能力ポイントを知力に全振りした感じっていうか

 戦闘力のランクには、一生縁がないタイプというか」「分かり易い説明ありがとう……」そこまで偏っているなら、気難しくなければいいが

心配しながら、美射に先導されてそしてふと気づく

「金塊の袋、ゴウブの背中に忘れてきた……」「でしょ?でもそれでいいのよ

 使うのはまだ先だからね」美射はそう言って、俺の手を引いてさらに先へと急ぐ

とりあえず今は金塊の袋は必要ないようだ

安心して、ついていく

十分ほど、本棚の間を延々歩き続けると遠くの本棚の近くに明かりが見える

「居たわ

ここからはゆっくり近づいてね