阪神 尼崎駅 パチンコ

阪神 尼崎駅 パチンコ

残りの二人と一匹を起こして全ての事情を説明すると「あ、あの……つまり、わたくしが この大砂漠を、竜や幽鬼たちを倒しながら 進むということですか……?」マロンが真っ青になって聞いてくる

あなたも好きかも:パチンコ 平針
ドルナジャが俺の頭の上で「大丈夫だって!オアシスの村まであと少しだし それにゲスナルドの生命力の回復も予想より早いから どうにか逃げ切れるわよ!」「えっ、逃げるの前提なんだすか?」ドドンガが目を丸くして「うん!だから、さっさと夜が明ける前に出るわよ! 砂漠に蠢く者たちが本格的に動き出す前に!」聞いていて、俺も段々不安になってきた

このポンコツサイコピエロ邪神に判断を任せて果たして良かったのだろうか

大急ぎで、出立の準備をしながら朝食をとって、テントを畳んで荷物に入れそして緊張で吐きそうな顔のマロンが前方を、そして俺はドルナジャを胸元に入れて、そしてリュックの中にサンミーの頭だけ出して突っ込みさらに、リュックの上にドドンガが掴まるさらにその全体を、俺が薄く鈍く発光する闘気で覆って寒さや暑さをカットするという感じで、白んでいく空を見ながら移動を始める

ちなみに水は、ほぼ全てライーザたちに渡したので昼前までに村が見つからないとヤバいことになる

「ふっふっふ

冒険はスリルですよね!」などと胸元の謎小人が興奮しながら言ってくるが答えている余裕はない

マロンは黄金色の闘気に身を包みひたすら、砂漠を跳躍して急ぎだして俺もその背中についていくのがやっとである

バランスを崩すと、ドルナジャはどうでもいいがドドンガとサンミーにけがをさせるので細心の注意を払いながら、砂を蹴って跳躍するのを繰り返す

何度か土から巨龍や巨竜が襲撃してきたが直前で俺が感知して、マロンの手を引いて先回りして死角を利用しつつ逃走する

あなたも好きかも:爆 サイ 東北 パチンコ
ということを繰り返して、どうにか死地を脱し続けていると盆地のように砂が広範囲に凹んだ場所にオアシスを囲んだ簡素な建物群と僅かな農地の長閑な村を発見する

あなたも好きかも:デトロイト カジノ
脱力感で座りこんだマロンの手を引いて立たせて簡素な柵で囲われた村の開きっぱなしの入口へと走り込もうとすると村の門の近くで椅子に座ってウトウトしていたぼろキレのようなローブ姿の老婆がカッと両目を開き「待たれよ!」と一喝してくる

慌てて停まって、老婆の顔をゆっくり伺うと俺の頭の上に登ったドルナジャが「シーシャ・マグネラズ

 今から約三千ラグヌス(年)前に 流れ人マイクと共に、西の大陸の中西部を冒険した魔法使いの老婆ね

 強い魔法使いの常で、重い精神病を患っていて 破壊衝動や、自滅願望を 抑えながら、マイクの良き指南役として支えた仲間の一人ね

 どうやって、その体を手に入れたの?」とペラペラと老婆に向けて話すと老婆はニカアッと口を大きく開けて笑い「……死ぬ間際ですよ

彼女はマイクの行く末を気にかけていて 私を呼んでコピーさせました

 それから、色々とあり、彼も仲間たちもとうに居なくなり 私は、ここで門番をしています」老婆は立ち上がると、村に向けて「皆、お客だよ!情報レベルは七だ! 特権階級の方々のお越しだ! くれぐれも、無暗に模写するなかれ!」上半身裸の子供たちが寄ってきて「わー……複雑だ……」「おじさん、どうやってその体になったの?変なのー」「このお姉さんなら、半分くらいコピーできそうだなぁ」などとはしゃぎながら辺りを駆け回る

「みんな、シャドウでゲスか?」「そうね