銭形平次 パチンコ 保留

銭形平次 パチンコ 保留

「浴室もあるぞ」「よかった

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ 単発ばかり
うち、楽にすごせそうや」「セイは放っといていいんだろうか」「その内起きてくるやろし、しばらくゆっくりしようや」「そうだな」さっそく浴室へと入っていくタガグロを横目に俺は木造りのゆったりとした椅子に座り昼の日差しが当たっている庭園を眺める

赤や黄色の色々とりどりの実や花をつけた植物たちが活き活きと咲いている

そうか、ここも、以前は別の主人だったんだな

不思議だな、戦乱が起こっても、庭園や街行く人々は活き活きと生きることをやめていない

あなたも好きかも:rev スロット
となんとなく考えながら、その戦乱が起こったの原因のひとつに俺がいることを思い出す

ああ、そうか俺が居なければ、この庭園の主が変わることも無かったのか

そりゃ、悪かったな……

でも、いくら平和を愛しているからと言っても自分たちのために戦わないといけないときもあるだろう?それはきっと日常生活をしていても時に起こる小さな諍いの時だってそうだ

あなたも好きかも:蒲郡 パチンコ イベント
全てが戦いで勝敗をつけるためだと考えると、嫌になるけれどそういうこともある

と普段は脇においておいて、きっと……

などと何とも言えないことを思いながら、一時間ほど風に揺れる外の庭園を眺めていると部屋の扉がノックされる

タガグロはまだ浴室から出ていない

セイかな

と思い開けると、アルデハイトに連れられたマナカが立っていた

失禁して汚れた服は変えたようで、今度はネクタイの無いスーツ姿だ

「……」無言でアルデハイトを見る

「謝りたいと」「そうか

入ってください」二人を客室内のリビングのテーブルを囲んだ椅子に座らせる