バカラ マーチン 損切り

バカラ マーチン 損切り

青い炎が揺らめきながら、俺たちを包んでいる

何てことだ……美射の昔の仲間を殺ってたのか

何てことだ……

次第に力抜けていって、月面の砂地に座り込んでしまう

「あ、あれー?」美射が背中に抱き着いたまま心配そうに尋ねこんでくるが「いや、ダメだわ……すまん、しばらく休みたい

 最初に居た施設まで帰ろう……」「……うぅ、そうかぁ、但馬は確かに 綺麗すぎたかもしれない……」「……」何も考えられない

「……この程度のことは 散歩する人間が気付かないで小さな虫を踏むのと 同じなのよ

あなたくらい存在も力も大きくなるとね

あなたも好きかも:ゴルゴ13 パチンコ 319 セグ
 力を持つってことは、力なきものを 無意識に傷つけることなの」「……」「……それをサイコパスの考えだって 言うならそれでいいけど 綺麗すぎる道は、誰かが汗水たらして 泥まみれになって舗装したものなのよ」「……いや、俺が汚くなくて 完璧に正しいとか、聖なるものなんてことも 一度も思ったことはない

 でも、少し、頭を整理する時間が欲しい……」「……分かった

あなたも好きかも:パチンコ マスク バイト
 とりあえず立ってよ

あっちから来たのよ

 帰りの近道も教えるわ」美射は俺たちが進んできた方向を振り返って指し示した

そこからは、どうやって帰ったか殆ど覚えていない

出た時と同じように部屋の窓を叩き壊して飛び込んで空気が猛烈に抜けていく中外に吸いだされないように美射を抱えて室内のロッカーの取っ手に掴まっていると勝手に窓が修復して、空気の流出も止まった