パトレイバー スロット 中段チェリー

パトレイバー スロット 中段チェリー

そして、ふと視線を投げた先の地面に、ふわふわの子鹿のような生き物を発見してぴたりと動きを止めた

「…………なんという足の短さ

愛くるしいです」「ネア?」固まってしまったご主人様の視線を辿り、ディノは目を瞠った

そのまま、ひやりとするような酷薄な眼差しになる

あなたも好きかも:パチンコ 履歴書 志望動機
視線の先で、子鹿がぴみゃっと飛び上がり震え出した

「…………ディノ、あの短足子鹿さんをご存知なのですか?」「…………あれがドーミッシュだよ

まさか、本来の姿でここに来るとはね」「ほわ!ドーミッシュさん!もふもふ!!」「いけないよ、ご主人様

あなたも好きかも:パチンコホール 近所
彼は伯爵位の魔物だ

先程までそう話していただろう?」「…………むぐ」持ち上げられたままばたばたした人間は、すぐさま魔物に叱られてしまった

しゅんとしてそちらを見ようとしたところ、今度はさっとアルテアに視界を遮られる

「おのれ、許すまじ!視界不良にする虐めですね!!」「お前の好きな白い毛皮じゃないだろ」「さりげなく、白もふさんの売り込みもしてきました

なんと狡猾な使い魔なのだ!!」「おい、自分から関係者だと知らしめているぞ?」「その関係者特需で、あの子鹿さん、………いえ、ちびこいだけで大人に違いないので小さいという意味の方の小鹿さんを撫で…」「ご主人様?」「むぐぅ」現場は大変な混乱を見せ始めていた

恨みのある魔物の背後から忍び寄ったが人間に発見された魔物と、うっかり忍び寄られた魔物、そしてなぜか同席する羽目になった魔物の王様に、小鹿を撫でまわしたい人間が揃い、かなりの修羅場と言えよう

仲間である二人の魔物は恐らく敵であるので、ネアは小鹿と目を合わせてこちらに来るのだと念じてみたが、すかさず使い魔に視線を遮られてしまう

ここから先は厳しい戦いになりそうだ

「ドーミッシュ、アルテアとは何をしても構わないけれどね、この子は私の指輪持ちなのだから、巻き込まないようにしておくれ」もふもふと震えている夢を司る魔物にそう話しかけたのは、ディノだった